電卓を持った女性

納税に備えて経理代行を活用して正確な記帳をしておこう

経理業務

日々発生するお金の動きを地道に記録する記帳は、経理関連業務中でも面倒で退屈な作業です。しかし、この対応をおろそかにすると、後日、納税額を算出する際にひどく混乱して対処に困ることが容易に想像できます。そうなる前に、経理代行の導入、特に、記帳代行サービスを上手く活用して、会社の帳簿をクリーンかつ正確に作るようこころがけましょう。
経理代行で業者に依頼できる業務範囲はかなり広いです。その中で、特に有用性が高くて人気なのが、記帳代行です。記帳を外部業者に依頼すれば、お金の動きについて、常に正確かつタイムリーな記録を作ることが出来、経営状態の判断資料としても有効活用できます。納税時期には、もれなく記載された会社資金の出入りから、その会計年度の正確な所得額を算出し、それに基づいて、払うべき税金額を正確に決めることが出来るでしょう。税金を、本来払うべき額より多く払いたい経営者はいないでしょうし、かといって、不当に少なく納税すれば、後日、会社としては、納税額の修正を報告して追加で支払うなど、却って面倒な対応を迫られることになります。納税額が少なかったことに気づかずに長年放置すれば、追徴課税で更に苦しむことになるでしょう。
こんな事態を事前に防げる経理代行、是非、導入を進めましょう。

TOP